弁済による代位

債務を弁済した第三者が、債務者に対し、債権者に代わって債権者の持っていた債権者代位権や履行請求権、抵当権といった権利を行使することです。債務者が支払うべきものを別の第三者が支払った場合には、それに見合う権利を第三者が取得します。
弁済による代位には、任意代位と法定代位があります。任意代位は債務者のために弁済をした者が、弁済と同時に債権者の承諾によって認められます。法定代位は保証人や連帯債務者など、弁済をすることについて正当な利益を持つ人に対し、当然に代位を認めるものです。

2019-09-26 18:37 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所