杭基礎

コンクリート製の杭を地中に打ち込むことで、建物を支える工法のことです。鉄筋コンクリート造(RC造)のマンションなど重量がある建築物で用いられます。地盤が軟らかいところに建設する建物を支えるために用いられる場合もあります。杭基礎が用いられると、浅い基礎で支えることができない建物であっても、深く杭を打ち込むことにより、強固に建物を支えることが可能になります。

2019-09-26 15:41 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所