根抵当権

債権者・債務者間で増減変更する一定の範囲に属する多数の債権を、極度額の範囲内で担保する抵当権です。通常の抵当権とは異なり、根抵当権によって担保される債権が弁済などにより消滅しても、根抵当権自体は消滅しません。実務的には根抵当権は多く使われます。根抵当権の元本が確定すると、元本確定時に担保していた債権のみを担保します。元本確定後に担保債権のすべてが弁済されると、根抵当権も消滅します。

2019-09-26 17:38 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所