民法

社会生活の中で生じた利害対立を調整する方法を明らかにした法律です。債権法を中心に大幅な改正が行われ、家賃に関して賃貸人が賃借人に持っている債権の消滅時効が、2年から5年に変更されます。賃貸借契約における敷金について、賃借人の債務を担保するために賃借人が賃貸人に交付する金銭である旨の明確な定義が置かれます。

2019-09-26 18:57 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所