甲区

不動産登記簿の中の権利部のうち、所有権に関する事項を記載する部分のことです。所有権者がその不動産を取得した原因・年月日、所有者の住所・氏名などが記載されています。不動産の現在の所有者は、原則として、甲区の最後に記載されています。例えば、Aという土地があり、所有者が甲から乙へと移転した場合、A土地の不動産登記簿の甲区には、「1番(甲名義)所有権保存」「1番(乙名義)所有権移転(原因・売買)」と記録されます。この順番の最後に記載されている者が現在の所有者となります。

2019-09-26 16:24 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所