監視区域

都道府県の規則により定められた面積以上の土地について取引をする場合に、事前に届け出が必要な措置をいいます。届け出が必要な面積は、100平方メートルとされることが多いようです。国土利用計画法における心の分類の1つで、バブル期に多く指定されましたが、現在ではあまり利用されていません。

2019-09-26 14:58 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所