等価交換

不動産会社に土地を売却し、不動産会社が土地に建物を建てた後、土地の売主がその建物の一部と土地の共有持分を取得することです。建物を新築する多額の費用を不動産会社にねん出してもらい、地主は金銭的な負担を抑えて新しい建物を入手できます。固定資産交換の特例を利用して、税金負担も軽減できます。

2019-09-26 18:18 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所