経過規定

法律が改正された場合に、新法と旧法のどちらが適用されるかなどにつき、法の過渡期に定められる規定のことです。経過規定は、附則や施行規定などで定められます。法適用を一定期間猶予する一定期間の猶予などを、経過措置ということもあります。

2019-09-26 15:46 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所