買取仲介

不動産業者が、売主から不動産を買い取り、購入希望者が見つかり次第、売却する条件で仲介をするものを買取仲介といいます。すぐに不動産を現金化したい売主にとっては買取仲介を選択する意味があります。すぐに売却することにより、不動産を持ち続ける維持管理のコストや内覧希望者に対応する負担から解放されます。デメリットは、通常の仲介よりも売却金額が低くなってしまう可能性があることです。

2019-09-26 14:13 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所