買戻し特約の登記

売買による所有権移転登記の際に、売買を解除できる特約をする登記のことです。買い物し特約がなされると、売主は売買代金と契約費用を提供することで売買契約を解除することができ、その解除権を登記できます。買戻し特約の登記申請は、売買による所有権移転登記の申請や所有権保存登記の申請と同時に行います。買戻し特約を結んだ場合、実際に買い戻しができる期間は原則、最長10年までとされています。

2019-09-26 14:20 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所