非保全債権

債権者代位権(民法423条)や詐害行為取消権(同法424条)が問題となる場面で、保護の対象となる債権です。債権者代位権でAがBに対して債権を有しており、BはCに対して債権を有していた場合、Aは債権者代位権により、Bの代わりにBのCに対する債権を行使できます。AのBに対する債権のことを非保全債権といいます。民事保全法による保全される債権のことを非保全債権ということもあります。

2019-09-26 17:57 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所