入会権

特定の地域(集落など)の住民が、特定の山林・原野や漁場に入って堆肥・家畜飼料・燃料などに用いる草木を採取したり、漁をするなど、共同で収益する権利のことです。明治時代以前から慣習上の権利として認められていたものについて、民法もこれを物権のひとつとして認めています。

2019-09-26 14:44 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所