単独申請

登記は登記義務者と登記権利者が共同で申請することが原則ですが、登記法上、登記申請の一方(登記権者または登記義務者)のみが登記の申請をすることをいいます。共同申請が必要ない場合や共同申請が不可能な場合に、登記申請者の一方が単独で登記申請できます。登記名義人の氏名などの変更登記や所有権保存の登記、相続による登記などは、共同申請主義の例外として単独申請が認められています。

2019-09-26 17:19 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所