抵当権移転の登記

抵当権を新たな抵当権者へ移転する登記です。抵当権により担保される債権が移転すれば担保権である抵当権も当然に移転します。抵当権移転の登記は、登記の目的として「○番抵当権移転」原因として「平成〇〇年△月×日債権譲渡」(抵当権が担保している債権が譲渡された場合)や「平成〇〇年△月×日代位弁済」(債務者以外の者が債権を弁済した場合)などと記載します。抵当権が移転した場合は登記事項として、譲渡された額などを記載します。

2019-09-26 17:52 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所