法定更新

借地借家法において自動的に契約を更新したとみなす制度です。
法定更新は、賃借人を保護するために定められる規定です。借家の場合、期間満了の1年前から6か月前に貸主が更新しない旨を通知すれば更新を拒否(一定の理由が必要)できますが、更新しない旨を通知しなかったときは従前の契約と同一の条件で契約を更新したものとみなされます。

2019-09-26 18:42 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所