贈与税

当事者の一方(贈与者)が自分の財産を無償で相手方(受贈者)に与える意思表示をし、相手方がそれを受諾することによって成立する契約が贈与契約です。贈与契約に対して課されるのが贈与税です。
贈与税は相続税の補完税といわれます。相続税課税に対する対策として相続前に推定相続人に財産を分けることに対する予防策的な税金です。贈与に課税する贈与税を設け、相続税を補完しています。贈与税の税率は相続税よりも一般的に高く、相続税本来の目的である富の再分配を目的としています。

2019-09-26 17:26 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所